2011年09月30日

Yahoo!天気情報の雨雲の動きを一覧表示するCGIスクリプト

出先で空模様が怪しい時、雨雲レーダーで雨雲の動きを確認したい場合があります。
PCではいつもYahoo!天気情報を見ていますが(当たらないんだこれが)、スマートフォンの細い回線で見るには、広告やら何やらで重いので、雨雲レーダーの画像だけを表示するCGIスクリプトを作りました。

raincloud.jpg

CGIを設置する前に、スクリプトの$citynumberをご自分の地域の番号に書き換えて下さい。

citynumber.gif

尚、LWP::UserAgentは少なからずサーバーに負荷をかけますので、不特定多数がアクセスできる場所には置かないのが望ましいです。

ちなみにこのコードは、その昔LWP::UserAgentとHTML::TreeBuilderの習作にちょちょいと書いたものなので、コードの質は不問として下さい。動きゃいいんです、動きゃ←だめプログラマの典型

スクリプトのダウンロード
raincloud.cgi(1kb)
ラベル:Perl
posted by 負け犬サダ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Perl | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

FingerKeyboard2のIMEを切り替え・表示する「JPlus」バージョン1.0.2公開

FingerKeyboard2のIMEを切り替え・表示するJKeyboard用アドオン、「JPlus」のバージョン1.0.2を公開しました。
今回のバージョンアップはバグフィックスを含みますので、必ずアップデートして下さい。

ダウンロードは下記の記事からどうぞ。

http://w03.seesaa.net/article/227157794.html
posted by 負け犬サダ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | FingerKeyboard | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

JKeyboardのリターンキーとバックスペースキーを入れ替える定義ファイル

iPhone5発売の噂に伴う、孫正義氏の「正道か邪道か」というTwitterが話題になりましたが、FingerKeyboard2的に言えば右下隅にリターンキー(その上にバックスペースキー)があるのが正道と言えそうです。

個人的にはFingerKeyboard2がいくら打ち易いと言っても、ソフトウェアキーボードだけにどうしても打ち間違いは多くなるため、感覚だけでタップできる右下隅にバックスペースキーを配置する方が良いと思うのですが、その配置に違和感を感じる人もいるかもしれませんので、JKeyboardのリターンキーとバックスペースキーの位置を入れ替える定義ファイルを用意しました。

fingerkeyboard_jkeyboard.jpg

下記の定義ファイルをFingerKeyboard2インストールフォルダのSkinsフォルダ内の同名ファイルに上書きコピーして、JKeyboardを再適用して下さい。

定義ファイルのダウンロード
skin-02-vga-port-99-ja.txt
skin-02-vga-land-99-ja.txt

また、22日に公開した拙作「JPlus」もバージョン1.0.1に地味にバージョンアップしていますので、22日にダウンロードされた方はお手数ですがこちらの記事(http://w03.seesaa.net/article/227157794.html)より再度ダウンロードして下さい。
posted by 負け犬サダ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | FingerKeyboard | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

FingerKeyboard2のIMEを切り替え・表示するJKeyboard用アドオン、「JPlus」公開

ATOK for PocketPCを入れているからなのか、FingerKeyboard2を使っているとIMEが使用できなくなる(IMEが立ち上がらず半角英数しか入力できない)ことがあります。
しかしいまいち再現性が解らず、しかも結構な頻度で起こるのでIMEキーをフックしてコード内でIMEを切り替える「JPlus」を作成しました。

jplus.jpg

FingerKeyboard2上ではIMEの状態(全角/半角)が解らないので、全角入力時には
タスクバーに「あ」アイコンを表示します。

拙作ソフト「JDefault」の、起動時にFingerKeyboardをSIPとして選択する機能も搭載しています。

JPlusをインストールする前に、JKeyboardの設定の一部を変更する必要があります。
JPlus.zipに同梱のskin-01-actions.txtをFingerKeyboard2のSkinsフォルダの同名ファイルに上書きコピーし、JKeyboardを再適用して下さい。

動作異常等ありましたらコメントにて報告を頂ければ幸いです。

ファイルのダウンロード
JPlus.zip(6kb)
posted by 負け犬サダ at 19:43| Comment(1) | TrackBack(0) | FingerKeyboard | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

リセット後にFingerKeyboardを使用SIPにするツール、「JDefault」公開

SIP選択メニューよりFingerKeyboardを選択しても、デバイスをリセットすると「ローマ字/かな」に戻ってしまいます。
JDefault.exeをスタートアップフォルダに入れておくと、リセット後にFingerKeyboardをSIPとして再選択します。

同種のソフトはいろいろありますが、JDefaultはFingerKeyboard専用設計のため、GUIも持たずプログラムサイズはわずか4kbと軽量です。

動作異常等ありましたらコメントにて報告を頂ければ幸いです。

ファイルのダウンロード
JDefault.zip(2kb)
posted by 負け犬サダ at 20:27| Comment(0) | FingerKeyboard | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

FingerKeyboard2用スキン「JKeyboard」公開

さて、前回(http://w03.seesaa.net/article/225218403.html)W-ZERO3にFingerKeyboard2をインストールしましたが、いざ使おうとVGAサイズ用の日本語キーボードスキンをググってみたものの全然ない!
同梱のドキュメントに目を通して、デフォルトスキンにIME切り替えキーを追加する方法はわかったものの、使っているうちにいろいろ不満も出てきたので、自分で使いやすいようにゼロからスクラッチしてみました。

jkeyboard.jpg

JKeyboard.zipの中のSkinsフォルダ内のファイルをFingerKeyboardインストールフォルダの同名フォルダに上書きコピーします。

files.jpg

FingerKeyb Configを起動し、Color Schemeメニューから「JKeyboard」を選択し、言語ファイルの「ja」にチェックを入れます。

config.jpg

ポートレイト画面。数字を素のキーで入力できるようにしたのがこだわりです。

fingerkeyboard_portlait.jpg

こちらはランドスケープ画面。キー配置などから、ポートレイトは単語・短文、ランドスケープは日本語長文と使い分けると良いかと思います。

fingerkeyboard_landscape.jpg

動作異常等ありましたらコメントにて報告を頂ければ幸いです。

スキンファイルのダウンロード
JKeyboard.zip (194kb)
posted by 負け犬サダ at 09:39| Comment(2) | FingerKeyboard | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

W-ZERO3にFingerKeyboadをインストールする

WILLCOM W-ZERO3 WS003SHを発売日より愛用しています。
当時、PDAに外付けキーボードを付け、Wi-Fiでネット接続していた私にとって、フルキーボード搭載、PHS機能内蔵で通話もデータ通信もできるW-ZERO3はまさに理想のマシンでした。

今やスマートフォンと言えば、AndroidやWindows Phoneですが、先人達の素晴らしいソフトウェア資産のおかげでPHSの回線速度が遅い以外は特に不満なく使っています。

しかし、そんなW-ZERO3にも泣き所があります。俗に「フレキ病」と言われるスライドキーボードを出し入れする度に本体を繋ぐフレキシブルケーブルが折り曲げられ、遂には断線などの故障の原因になります。まるで恐怖新聞を読む度に寿命が百日縮まる鬼形少年の気分です。

そんなわけで、これまでSIPをスタイラスでポチポチしてみたり、指タップ用と言われるSIPを使ってみたりとスライドキーボードをできるだけ使わないで済む方法を模索していましたが、どれも入力時にストレスが溜まる→結局スライドキーボードを使う→本体故障を繰り返し、実は手持ちのW-ZERO3はすでに累計五、六台目だったりします。

いい加減、こんな嫌なループから抜け出したい!と使ってみたのが、このFingerKeyboard。
このようにタップしたキーがポップアップ表示されるおかげで、指でキーが隠れてしまっても何のキーを押したかが解り、入力画面とSIPに視線を頻繁に移動させずに済みます。

popup.jpg

それではFingerKeyboardをインストールして行きましょう。
FingerKeyboardの実行には.NET Compact Frameworkが必要なので、デバイスにインストールされていない場合は先にインストールしておきます。

.NET Compact Framework 3.5 再頒布可能パッケージ
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=E3821449-3C6B-42F1-9FD9-0041345B3385&pf=true

次にxda-developers.comよりFingerKeyboard2をダウンロードします。
自分のデバイスの解像度に近いcabファイルを選択しましょう。WS003SHはVGA機種なので以下のページから「FingerKeyb-2.1.1 VGA by Giannis86.cab」をダウンロードしました。

http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=501122

インストールが終了するとFingerKeyboard2の設定画面が表示されます。

main.jpg

適当なスキンと言語ファイルを選び…

options.jpg

キーをタップした時に音を鳴らしたり、長押しの時間を設定したりできます。
デフォルトの設定だとシフトロック時にBackspaceキーでワード単位で消去されるという罰ゲーム仕様なのでShiftedのnormalは「char」に変更しておくことをお薦めします。

smiles.jpg

shortcut.jpg

よく使う顔文字や単語を入力しておくと便利です。

設定が終わったらApplyをタップし、SIP選択メニューよりFingerKeybを選ぶとFingerKeyboard2が使用できます。

(次回、自作スキン公開記事へ続く…)
ラベル:W-ZERO3 FingerKeyboard
posted by 負け犬サダ at 22:24| Comment(0) | FingerKeyboard | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめに

W-ZERO3をしゃぶり尽くす会ブログへようこそ!管理人の負け犬サダです。
当ブログはスマートフォン・PCの話題を中心に、日常のよしなしごとをダラダラと書き綴っていくつもりです。
当ブログ記事の感想・質問などあれば、お気軽にコメントをどうぞ。
posted by 負け犬サダ at 22:09| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。